Miscellaneous knowledge ♯6

sabina

今回のMiscellaneous knowledgeは、「ベッキーの妹・ジェシカはダンス大会で優勝するほどの実力者だった」「
名古屋にある喫茶店「るるぽ」は“安藤美姫の実家”だった!!」「“美人”すぎるカザフスタンの女子バレー選手【10頭身】」の3本立て。

総じて古いネタとなっているのでご存知の方がほとんどのはず。

ということで本記事は箸休め的に読んでもらえれば本望。

ベッキーの妹・ジェシカはダンス大会で優勝するほどの実力者だった

jeci

ゲス極・川谷との不倫で完全なる嫌われ者となったタレントのベッキー。
そんなベッキーに妹がいることをご存知だろうか?

妹の名はジェシカ。

以前にベッキーとテレビ出演した経験が何度かあり、美人な妹として話題になったことも。

が、妹・ジェシカは姉をも超える実力者だった。
なんとアメリカのダンスバトルで優勝するほどの実力者だったのである。

実はスゴイ!妹・ジェシカのダンススキル

be
(写真右が妹のジェシカ)

 

現在、ベッキーの妹であるジェシカはアメリカ・ロサンゼルスでダンサーとして活動している。

気になったのでジェシカの経歴を調べてみたところ、とんでもない実力者であることが判明。

なんとアメリカのダンスバトル大会で優勝していたのだ。

その大会を記録した映像が以下のもの。

 

)

現在はアメリカを代表するダンサーとして認められており、アメリカ代表として世界各国で開催される大会にエントリーしているとのこと。

既にご存知の方もいるかもしれないが、姉のベッキーとは大違いで真っ当な道を歩んでいる模様。

日本に染まらなかったジェシカこそ正解

これだけの実力を持ったダンサーなら、ここ日本で活動する必要はまったくない。

実際に日本のメディアは、ジェシカの実力をそこまで取り上げていない。

仮に取り上げられたとしても、決まって日本のメディアは次のように報道する。

「ベッキーの妹」

これは日本ではお決まり。

相乗効果を狙った文句ではあるが、今の彼女にとって相乗効果など必要ない。

自分の実力だけで知名度を掴みとったのだから。

実際に私もこの記事で「ベッキーの妹」という表現をしているが、それはジェシカの実力が本物であることと、彼女の力だけで道を切り開いたことを伝えたかったからだ。

ベッキーの妹ということでそれをゴリ押ししようと企んだ業界人もいたはずだ。

が、ジェシカはここ日本に染まらなくて正解だった。

だからこそ、ダンサーとしての道を切り拓けたのだと思う。

名古屋にある喫茶店「るるぽ」は“安藤美姫の実家”だった!!

anmk

元フィギュアスケート選手の安藤美姫。

ベッキー同様、あまりいいイメージが定着していない安藤美姫だが、名古屋に構える喫茶店「るるぽ」と大きな関係がある模様。

すでにご存知の人もいるかと思うが、安藤美姫と喫茶店「るるぽ」の接点をご紹介。
“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

名古屋にある安藤美姫の実家は“喫茶店”だった

安藤美姫の実家は名古屋にあることは有名だが、なんとその実家が喫茶店を経営しているという。

これは地元では有名な話のようで、その喫茶店はひとめで安藤の実家だとわかるそうだ。

その喫茶店の名前は「る・るぽ」。

安藤の祖父が経営しており、帰省した際は安藤も手伝うこともあるという。







 

rrp
(名古屋にある喫茶店「る・るぽ」)

 

“一目ですぐにわかる”と言われているが、上画像ではそんなイメージはない。
が、実際に行ってみると、安藤美姫の写真やポスターがいたるところに貼られているとのこと。

祖父が安藤を必死で応援していることはわかるが、喫茶店自体の評判はどうなのだろうか?

おすすめのメニューは「あんかけスパゲティ フラワー」

喫茶店「る・るぽ」の一番人気となっているのが、“あんかけスパゲティ「フラワー」”だそう。

 

ank

かなりのボリュームがあるのに対し、お値段は750円とリーズナブル。

見るだけで食欲がわいてきそうなこのスパゲティ。
できることなら、これだけを食べに名古屋に向かいたい。

メニューの品数は豊富で定番の「小倉トースト」などもラインナップされている。

ご興味がある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

 

■ るるぽ オレンジタウン店

住所:愛知県名古屋市東区泉1-17-3
電話番号:052-951-3305

アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線久屋大通駅 2A出口 徒歩3分

 

“美人”すぎるカザフスタンの女子バレー選手【10頭身】

sbn

女子バレーにはいつの時代も“注目株”が登場するもの。

そのほとんどがメディアによって作られるものなのだが、以前に注目された海外の“美女選手”は違ったようだ。

当時、台北で開催中の女子バレーのU‐19大会「第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会」において、カザフスタン代表の“10頭身美少女”選手が大注目されたのだが、その情報をあらためて。

これがカザフスタン代表の“10頭身美少女”選手だ!

確かに注目される理由がよくわかる。

美少女として注目されたカザフスタンの選手の名は、20番をつける「Altynbekova Sabina」。

身長182センチで足の長さはなんと100センチ以上というから驚きだ。

 

sabi
(目に見てわかるほどの長脚の持ち主)

 

そのスタイルはもはやモデル並みであり、キュートで端正な顔立ちが世の中の男性のハートを鷲掴みに。

ここ日本では10頭身ということから、リアル・セーラームーンとしても話題になった記憶がある。

とはいえ、動画をチェックしてみると可愛いのはSabinaだけでないことがわかる。

むしろ、カザフスタン代表選手は皆かわいい。


Sabinaのインスタ・フォロワー数が激増

彼女が注目されるきっかけとなったのは、台湾のニュース番組だったようだ。

こぞって彼女を取り上げたようでたちまち注目の的に。

その人気を物語るかのように、Sabinaのインスタグラムも大人気となった。

注目される以前のインスタ・フォロワー数300人程度だったものの、スポットライトによって一気に6000人を突破。そして、2万人を突破して一躍人気者となったのである。

ここ日本ではサオリンこと木村沙織が大人気であるが、Sabinaの美貌にはかなわない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。