Miscellaneous knowledge #15

今回のMiscellaneous knowledgeは「山下智久の書類送検の“真相”と錦戸亮が送検されなかった理由」「【一輪車】“かわいい”実力者・佐藤彩香に迫る」「神取忍、実は女子力が高かった・・・」の3本立て。

まだ未開拓のジャンルがあるなら、是非ともそこに身を投じてみよう。

きっと得られる何かがあるはず。

山下智久の書類送検の真相と錦戸亮が送検されなかった理由

yt1

2014年6月25日、山下智久および、錦戸亮、赤西仁が20代の一般男女と口論になりトラブルに発展。

この騒動はすでに風化しているが、記憶に新しいという方もいるはずだ。

同騒動でもっとも不審な点、それは「なぜ山下だけ書類送検されたのか?」という部分にある。

共にいた錦戸・赤西は書類送検されずに収束したが、山下のみは同騒動を引きずる形となったのだ。

騒動の張本人は錦戸とみて間違いない

mig

結果として山下だけが書類送検されたこの騒動。
改めて、トラブル内容を要約すると次のようになる。

山下は6月25日午前1時すぎ、六本木の路上に知人と一緒にいたところ、20代の男女と口論に。その模様を撮影していた女性から携帯電話を持ち去り、返却するまでの間、使用不能にした。女性が被害を届け出ていた。電話は破損しておらず、ジャニーズ事務所の関係者を通じて警視庁に届けられ、女性に返却。すでに示談が成立しているとみられ、起訴されない見通し。

この要約だけを読むと、もはや山下がトラブルの同騒動における張本人であると思ってしまう。
が、現場を知る関係者の証言はまったく異なるものだった。

「そもそも問題のキッカケを作ったのは錦戸。トラブル相手の男性は歌手の卵で、女性はモデル。その男性が『僕も近々デビューするんで』みたいな感じで声を掛けたところ、酔っ払っていた錦戸が『お前なんて売れるわけねえだろ!』などと悪態をつき、激しい口論になった。それを横で女性がカメラ付きケータイで撮っていたところ、さすがにまずい!と思ったのか、山下が電話を奪い取ったのです」

このようにトラブルの張本人は山下ではなく、関ジャニ∞の錦戸亮なのだ。

では、なぜ錦戸ではなく山下が書類送検されたのか?
そこには“バック(ケツ持ち)”の強さが影響していた。

山下のバックは“貧弱”そのものだった・・・?!

mig-1

ジャニーズといえば、業界への影響力が非常に強く、所属タレントがトラブルを起こした際の圧力のかけ方は尋常ではない。

このトラブルにおいても相当な圧力がかかったわけだが、なぜか山下だけはバックアップを受けることがなかった。

ここでいう圧力というのはジャニーズ自体が起こすものと、各タレントについている“ケツ持ち”が起こすものとの2種類にわけられる。つまり、ジャニーズ全体からの圧力でことが解消できるのであれば、今件は山下も守られ書類送検されることもなっただろう。

が、山下だけ書類送検になってしまう・・・。

その理由は単純に彼の“ケツ持ち”が貧弱だったからだ。

山下のスキャンダルがダダ漏れしてしまうのはそのケツ持ちの力が弱いためであり、一方の錦戸はケツ持ちが強いがためにスキャンダルがなかなか漏れない。これはすなわち、ジャニーズ側からすると錦戸は“守りたいタレント”のひとりという事を意味している。

純粋に売れているタレントには目を配り、そうでないタレントにはそれなりの処置をする。

今件でジャニーズの裏側がまたひとつ見えたといっても過言ではない。

【一輪車】“かわいい”実力者・佐藤彩香に迫る

sta

以前にテレビ朝日系で放送されていた番組「関ジャニの仕分け」において、知名度をアップした一輪車選手の佐藤彩香。

彼女は一輪車世界一位というとんでもない実力を持っているわけだが、まだまだその凄さは国内において理解されていない模様・・・。

はたして佐藤は単なるかわいいと注目されるだけの器なのだろうか?
それとも一輪車世界一位にふさわしい人物なんだろうか?
“{ "":"", "":1, "":"on" }”>







佐藤彩香が一輪車で世界1位になるまで

21ayaka-sato

佐藤彩香が一輪車を始めたのは小学校一年生。
実はこの時から芸能事務所に所属していたという。

とある番組からの企画依頼が一輪車をはじめるキッカケになったようだ。

つまり、佐藤は小学一年生の頃からずっと一輪車を続けてきたのである。言うまでもないが、女子が一輪車を大人になってまで続けるということは稀なケースであり、なかなか珍しいケースと言っても過言ではない。

そして、その10年後佐藤は一輪車の世界チャンピオンに輝く。

人にはそれぞれの人生があるが運命的な出会いは本当に存在するようだ。

世界チャンピオンという肩書きもすごいが、残念ながら彼女が注目された理由は一輪車としての実力でない。テレビに出演したことで“かわいいルックス”がお茶の間で話題になったためである。

ちなみにテレビに出演した際の佐藤の評判は上々。
「関ジャニの仕分け」ではお馴染みのタレントとして活動していた。


一輪車世界一の実力はダテじゃなかった

10_interview_satou_2_1

佐藤彩香が一輪車ひとつで世界一への階段を上るキッカケになったのは、2011年に開催された「さわやか日本一輪車競技大会」だった。

当時高校1年生だった佐藤は、この大会に出場するとトラックレース部門で女子総合優勝を果たす。それはすなわち、一輪車における全日本チャンピオンを意味していた。

そう、彼女は高校1年生にして一躍、日本の王者に立ってしまったのである。

なお、一輪車にはそれぞれ種目が用意されており、その総合点を競うことになる。

主な種目は以下のとおり。

  • 100mスプリント
  • 片足走行レース
  • タイヤ乗りレース
  • 400m障害物

ちなみに佐藤が出した100mスプリントの記録は13秒20だという。

かわいいと注目されている佐藤だが、ルックスだけでなく、純粋に彼女がもつ一輪車選手としての実力も評価すべきである。

神取忍、実は女子力が高かった・・・

knd

芸能界には“意外性”をもったタレントが多い。
そのひとりとして挙げられるのが、女子プロレスラーの神取忍だ。

見るからに“オトコ”そのものと言っても過言ではない神取だが、実はどんな女性よりも“乙女”チックであることが発覚。

それが明らかになったのは以前にオンエアされた「有吉反省会」だった

はたして神取の乙女度はどれくらいものなのだろうか。

実は“乙女”だった女子プロレスラー神取忍

hello20060604_5

有吉反省会の収録に登場したのは、そんじょそこらの男性よりも間違いなく強いオンナの神取忍。

いったい何を反省するのかと気になっていたが、なんと中身がドがつくほどの“乙女”であることだった。

「イカツイ見た目にも関わらず、中身がすごく乙女チックでそのギャップで周囲を混乱させていること」

これを反省材料としたのである。

もはや彼女は女子プロレス界のシンボル的存在であり、このようなカミングアウトをすると誰が予想できただろう・・・。

事実、同オンエアがされた際、神取が“乙女”だったことに驚きを隠せないネチズンが溢れていた。

では、いったい神取はどれほどまで“乙女”なのだろうか。


スイーツを好み「女子力アップ」を日課としている

pccpn

神取のプライベートはそれは“乙女”そのものだった。
試合時の荒れ狂うスタイルは真逆で、

  • スイーツ好き
  • 週2回のコラーゲンマシン
  • 毎日の爪のケア

と、もはや神取のイメージは完全崩壊・・・。

では、「ファッションも乙女チックなのか?」と思いきや、私服はアロハシャツにジーンズとオジサン風とのこと。

これはテレビでよく見かける彼女のイメージと変わらない。
おまけに虫だってお構いなしとのこと。

やはり外見と行動が彼女の“乙女度”をダウンさせているのだろう。

そんな彼女に課せられた「禊(有吉反省会にて)」は「メイド服姿でお化け屋敷に挑戦すること!」

やはり人間は見た目で判断はできないようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。