NEWS加藤シゲアキ、”SEALDs賛同表明”で自身の株暴落へ・・・

スキャンダルからの脱退でお馴染みのジャニーズグループ「NEWS」のメンバーが、またもやらかしたようだ・・・。

今回、問題となっているのはNEWSメンバーの加藤シゲアキ。

加藤シゲアキは雑誌のインタビューで学生団体「SEALDs」に賛同する発言をしたのである。

芸能人が政治的主張をすることは問題ではないが、ジャニーズに所属する加藤シゲアキの場合はそうはいかない。

ということで、今回はSEALDsに賛同したNEWS加藤シゲアキについてまとめた。

NEWS加藤シゲアキがまさかのSEALDs賛同表明・・・

NEWS加藤シゲアキの”SEALDs賛同表明”に関係者からアレルギー反応

NEWSの加藤シゲアキ(28)が、『朝日ジャーナル』(朝日新聞出版)の中で、学生団体SEALDsに賛同を表明した。

同誌の佐藤修史編集長との対談の中で、「今をしっかり生きていこうとしている以上、極端な政治変革は受け入れにくい。

SEALDsに賛同するのもその辺ですね」と理由も明かしている。

ファンからは、「シゲちゃんのすごさを感じた」「かっこいい……」など、加藤のコメントに感激する声もあるが、テレビ関係者はそれほど快く思っていないようだ。

「加藤の発言はあまりにも軽率です。嵐の櫻井翔(34)、NEWSの小山慶一郎(32)など報道番組にキャスターとして出演するジャニーズタレントはいますが、自身の政治的主張はほとんどしません。政治的に中立でなければ、キャスター生命に関わりますから。

また、アイドルとしても偏った政治色がついてしまうのは致命的。テレビ局としても、使いにくくなります」(テレビ関係者)

■加藤の政治発言の行方

彼が所属するNEWSは常に問題を抱えるグループだった。2003年デビュー時は9人だったが、メンバーの脱退が続き、デビューわずか3年で6人体制に。さらに2011年、人気メンバーでリーダーの山下智久(31)、錦戸亮(31)が同時に脱退し、加藤、小山、手越祐也(28)、増田貴久(29)の4人となる。

手越以外の知名度の低さから、存続が危ぶまれていたが、最近はメンバーがそれぞれのフィールドで活躍を見せるようになり、安定を見せてきた経緯がある。

加藤は、ジャニーズ初の小説家として活動の幅を広げてきた。2011年『ピンクとグレー』(角川書店)でデビューし、同作は映画化。

4作目の『傘をもたない蟻たちは』(角川書店)は、今年ドラマ化もされた。

そして、『news every.』(テレビ朝日系)でキャスターを務める同グループの小山と同じように、アイドルでありながらも文化人的な立ち位置を固めつつある。そのため、今回のSEALDs賛同発言も、「文化人キャラを際立たせるためだったのでは」と、ジャニーズに詳しい記者は話す。

「加藤としては、より知的なキャラクターを強くするために、政治的な発言をしたのでしょう。ただ、特定の団体への肩入れは、踏み込みすぎです。ジャニーズ事務所が、加藤にイエローカードを出すことは間違いない。今後の活動や発言は厳しくチェックされるはずです。しばらくは、小説も書かせてもらえない、なんてことも考えられます」

加藤にとっては、よかれと思った発言だったようだが、文化人を目指す人間としては、かなり浅はかである。

画像:シールズに賛同したNEWSの加藤シゲアキ

no title

ソース:デイリーニュースオンライン 


Focus 1: NEWS加藤シゲアキのプロフィール

加藤シゲアキのプロフィール

no title

加藤シゲアキ(かとう しげあき、1987年7月11日 – )は、日本のタレント、歌手、俳優、小説家であり、男性アイドルグループ・NEWSのメンバーである。旧芸名・本名は加藤 成亮(読みは同じ)。

広島県広島市生まれ、大阪府出身。身長175cm。ジャニーズ事務所所属。

略歴
広島市で生まれ、4歳から大阪府で、10歳から神奈川県横浜市で育った。子供の頃から芸能界に興味があり、母親がジャニーズ好きの友人に相談し、小学4年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送る。

1999年、小学6年生の時に連絡がきてオーディションを経て入所したものの、中学受験が控えた時期でタイミングが悪かったため、すぐに休みを願い出ることになってしまう。それが生意気と思われたことが悔しく、社長のジャニー喜多川に直接電話したところ、理解を示し、当時慶應義塾大学に通っていた嵐の櫻井翔を紹介してくれたという。

そして無事に青山学院中等部・高等部に進み、事務所でレッスンを開始。同年8月の日本テレビ系『怖い日曜日 友達のJ君』でドラマデビューを果たす。

2003年11月7日 、「NEWSニッポン」(『バレーボールワールドカップ2003』イメージソング)でNEWSとしてCDデビュー。







2004年5月12日、「希望〜Yell〜」(『アテネオリンピックバレーボール世界最終予選』イメージソング)でNEWSとしてメジャーデビュー。

2010年3月に青山学院大学法学部を卒業。4月9日から放送開始のテレビドラマ『トラブルマン』で連続ドラマ初主演。

2011年11月22日、活動名を「加藤成亮」から「加藤シゲアキ」に変更し、『ピンクとグレー』で小説家デビューすることを発表。翌2012年1月28日に同書を発売し、デビューを果たした。2013年発売の第2作『閃光スクランブル』、2014年発売の第3作『Burn. -バーン-』までの3作品は、東京の渋谷および芸能界を舞台とした内容となっており、「渋谷サーガ」とも称される。

『ピンクとグレー』発売以降、1年に1冊のペースで発表しており、2015年には自身初の短編集となる第4作『傘をもたない蟻たちは』を発売した。また、2016年1月、『ピンクとグレー』が映画化、『傘をもたない蟻たちは』が連続ドラマ化された。

最も影響を受けた小説にはJ・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(村上春樹訳)を挙げている.

引用:Wikipedia

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>


Focus 2: 今回のNEWS加藤シゲアキのSEALDs賛同発言における問題点

 

no title

芸能人が政治的主張をすることは別に禁止されているわけでもないので自由である。

が、その芸能人がどのような立場に置かれているかで発言の重要性は異なると言っていい。

政治的主張がタブーとまでは言わないものの、ジャニタレの多くは政治的発言をこれまでに避けてきた。キャスターを担当する嵐の櫻井翔、同じくNEWSメンバーの小山慶一郎であってもだ。

おまけにNEWSは今年の24時間テレビのメインパーソナリティーを担当するため、この度のSEALDs賛同発言は波紋を呼ぶかもしれない。

百歩譲って加藤シゲアキが政治的主張をしたことまでは良しとしよう。が、それがSEALDsだったことが問題であって、彼のSEALDs賛同発言を高評価しているのは彼のファンに過ぎない。

ネット上を見渡せば、多くの人間が今回の加藤シゲアキのSEALDS賛同発言が“軽率”だと評価している。


 

Focus 3: 過去にはスキャンダル画像を報道された加藤シゲアキ

 

覚えている方は少なくないことと思うが、NEWS加藤シゲアキといえば、2013年にナンパした女性とのベッド写真を雑誌「ナックルズ」に報道されている。

なんでもその当時はジャニーズの集まりがあったとのことで某クラブを利用したようだが、加藤シゲアキはそこでナンパした女性とそのままホテルへ。

そして、問題の女性と一夜を共にする。

後に掲載されたベッド写真は一夜を共にした女性がリークしたものであることが発覚し、その女性は小悪魔agehaでかつてモデルをしていたキャバクラ嬢だったことも明らかに。

結局のところ、加藤シゲアキは一夜を共にした女性の売名に利用されたというオチだった。

 

画像:ナックルズが掲載した加藤シゲアキのベッド写真

no title

今回のSEALDs賛同発言も“ハメ”られたのか・・・?

SEALDsと何らかの繋がりがある可能性も考えられるし、純粋に加藤シゲアキがSEALDsを賛同している可能性も考えられる。

いずれにしても、この度のNEWS加藤シゲアキのSEALDs賛同発言はマイナスにしか働くことはない。

■ 関連商品

ピンクとグレー (角川文庫)
加藤 シゲアキ
KADOKAWA/角川書店 (2014-02-25)
売り上げランキング: 18,697
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。