SMAP中居正広と木村拓哉の不仲&大喧嘩の真相【解散騒動】

2016年が始まったと同時に浮上した「SMAP解散騒動」。

マスコミによれば、「独立派」の中居正広と「残留派」の木村拓哉が対立し、現在は修復ができないまでに至っているとのことだが、ここ最近になってまたもその“不仲説”が語られるようになった。

芸能関係者の証言によれば、中居と木村の対立は30年前から続いており、ファンなら周知の事実なのだという。

果たして中居と木村は本当に不仲なのか?
そしてSMAP解散の真相は・・・?

不透明なSMAP中居と木村の不仲&大喧嘩の噂

不仲はデビュー前から?中居正広vs.木村拓哉”SMAPの30年戦争”

no title

2016年年始のSMAP解散騒動は、日本中を大きく揺るがした。そこでクローズアップされたのが、独立派の中心となる中居正広(43)と、唯一の残留派・木村拓哉(43)の対立だ。
芸能関係者によるとこの対立は30年前から続いており、二人が同級生だった時代に対立の芽は芽生えたと言われている。

1992年にはすでに殴り合いの喧嘩が起き、二人の対立はファンも知るところになった。

「木村と中居が同級生だった都立代々木高等学校時代から、すでに対立していましたよ。1992年の舞台『ドラゴンクエスト』の楽屋で、中居と木村は殴り合いの喧嘩をしています。木村の態度の大きさに怒った中居が、シメようとして喧嘩になってしまったのです。ラジオでこの件について質問され、事実だと認めています」(芸能記者)

SMAPの解散危機の根底にあるのはメンバー間の人間関係。つまるところ、二大巨頭である木村vs中居にどうしてもいきついてしまう。

■あの大物が和解に乗り出した?

2人の不仲は芸能界でも知るところとなり、番組でもクローズアップされることがある。
対立関係が明確になった以上、和解を促す人が現れてもおかしくない。

「今年の7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ系)での深夜の『さんま・中居の今夜も眠れない』では、明石家さんま(61)がSMAP解散報道に触れ、木村との和解を促したことでも知られています。芸能界でも二人の対立は知れ渡っており、さんまが動かなくてはならないほど。中居は、『派閥はないです!』としきりに訂正していましたが、『お前は俺を木村派みたいな目で見てるやん』などと、さんまが木村の肩を持つことで中居は釈然としない思いのようです。さんまは中立に立ちたがっているのですが……」(芸能記者)

だが、決裂は致命的なようだ。芸能プロダクション幹部が明かす。

「決定的になったのが、1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での公式謝罪です。あそこは本来ならば中央に立つのはリーダーの中居でした。ですが、残留派の木村が中央に立って話を進めてしまった。そして、いつもなら90度以上に体を折り曲げて深々と礼をする中居が、スマスマの謝罪では体をほとんど折り曲げなかった。 よほど悔しかったのだと思われます。あれが決定的なシーンでした。今後はもう、取り返しがつかないでしょう。中居vs木村の構図が世間に出てしまった以上、分裂はさけられないかもしれない。すくなくとも元に戻ることはもうないでしょう。」

この二人の対立に雪解けは来るのか。今後のSMAPはどうなるのか。注目が集まる。

ソース:デイリーニュースオンライン 


Focus 1: SMAP中居と木村の“大喧嘩”は事実

 

no title

デビュー当時からのファンによれば、SMAP中居と木村の“大喧嘩”は事実なのだという。

その大喧嘩が起こったのはSMAPが結成された直後のこと。

ホテルで休んでいた木村の部屋に中居が訪れた。すると中居は意味もなくいきなり殴りかかり、髪を引っ張るなどの行為をしたという。

これに木村も応戦し、ホテルの一室で二人は大喧嘩を繰り広げた。

その他SMAPメンバーも同ホテルに滞在していたようだが止めることはしなかったのだという。

ちなみにこの大喧嘩の事実が語られたのは木村がパーソナリティを担当していたラジオ番組『WHAT’S up SMAP!』。

同番組で木村本人が中居との大喧嘩を暴露したのである。

が、過去に大喧嘩をしたからといって、木村と中居の関係を“不仲”とするのは安易。あくまで不仲になった可能性として考えることはできる。

いずれにしても、木村と中居が大喧嘩をしたという噂は事実のようだ。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: 木村との不仲が濃厚?!中居が個人事務所設立か

SMAP中居正広の“個人事務所設立”にキムタクが激怒!?「確執はさらに深まり……」







no title

6月21日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた、SMAP中居正広の「個人事務所設立」のウワサが波紋を広げている。

「個人事務所はジャニーズ事務所内に設立され、社長はジャニー喜多川氏が務め、中居は取締役に就任するとみられています。SMAPとしての仕事はジャニーズで受け、中居個人の仕事は個人事務所を窓口として受けるという構想のようです」(芸能記者)

今年初頭から世間を騒がせているSMAPの解散騒動は、いったんは落ち着いたかのように見えたが、水面下ではいまだに火種がくすぶったままだったというわけだ。

「明石家さんまも、吉本興業内に個人事務所を設立しています。これは節税のためで、フリーになるというのとは意味が違います。契約者から直接もらう所得は事業所得となり、本人を事務所の社員(あるいは役員)とし、テレビ局や制作会社からもらう所得は給与所得となります。事業所得と給与所得では、かかる税率・控除できる内容が異なり、全体的に見て税率は給与所得のほうが低い。中居やさんまクラスの収入があれば、税制上は個人事務所を作ったほうがいいのは間違いない。しかし、ジャニーズはこれまでタレントが個人事務所を作ることは認めてこなかった。つまり、それを特例で認める代わりに、中居には独立しないことを確約させたのでしょう」(スポーツ紙デスク)

ところが、これに激怒したのが、SMAP解散危機を“救った”木村拓哉だという。

「ジャニーズとしては、中居が退所しSMAP解散となれば、“裏切り者”と呼ばれながらも解散を阻止したキムタクの立場がなくなるため、中居の行動に目をつむってでも事務所に残ってもらうしかなかった。ところが、キムタク自身は個人事務所の設立を許されておらず、解散騒動の首謀者である中居が自分より優遇されることに納得いくはずがない。周囲に『俺はなんだったんだよ』と、不満を爆発させているといいます」(テレビ関係者)

中居VSキムタクの確執は、さらに深まりそうな気配だ。

ソース:ライブドア

このソースがどこまで信ぴょう性を持つかは疑問だが、独立を願う中居からすれば「個人事務所」を設立して無理にでも・・・という意図はあるかもしれない。

が、27時間テレビにおける中居の発言を聞くかぎりは、強引な脱退はないように思えるが・・・。

おまけに中居はジャニーズから独立したいという報道もあったので、同ソースは単純に混乱を招いているだけに過ぎない。

いずれにしても中居と木村の不仲説でマスコミは持ち切りだ。


Focus 3: SMAP解散騒動からヒートアップする中居と木村の“不仲説”

「中居と木村を2人にするな」SMAPの冷え切った絆を関係者が暴露!

no title

本人たちは以前と変わらない様子を見せているようだが、周囲のスタッフのほうがピリついているという。

「制作スタッフは中居正広さんと木村拓哉さんを、現場でふたりきりにしないように気を使っています。収録中は仕方ないにしても収録の合間などはカメラが止まった瞬間に、中居さんと木村さんそれぞれにスタッフが近づき、打ち合わせをしたり、雑談をしているんです。そうしないとふたりの間に無言の時間が流れるんですよ」(同)

(中略)

「現在は『テレビ担当』『ラジオ担当』『音楽担当』『雑誌担当』などとメディアごとにチーフマネージャーがいるんです。そのため、たとえばテレビ収録のスケジュールを聞きたい場合には『テレビ担当』のチーフマネージャーに聞くんですが、彼はそのほかの媒体のスケジュールを把握していないので、毎回わざわざほかのチーフマネージャーに確認するんです。そのため、返事が来るまでに今までの数倍の時間がかかっています」(同)

これまでは飯島女史に話を振れば即座に出演の可否が戻ってきていたため、このリターンの遅さには各ジャンルのスタッフが困っているそうだ。

「担当者が変わったのは仕方がないにしても、せめて組織の形だけは従来のものに戻してほしいです。急いで制作スケジュールを出したいのになかなか決まらず、進行がズレ込むこともあるので」(同)

こうした声は各現場から挙がっているというが、改善の兆しはないという。

ソース:トカナ

どっちみち改めてSMAPが全員揃って、解散騒動の真相をすべて語らないかぎりは中居と木村の不仲説など消えるわけがない。

解散騒動を曖昧にせず、すべてぶちまけた方がラクになれるほか、お茶の間や世間にも好感度を与えることに繋がると思うが・・・。とはいえ、ジャニーズの問題ということもあり、一筋縄でいくはずがない。

果たしてSMAP解散騒動はいつまで続くのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。