【ONE OK ROCK】Takaの高い歌唱力に隠された「複数の要素」

某アイドルグループがピークを迎えると、CDに握手券をつけるなどしてファンに何枚ものCDを購入させる時代のなか、かつては溢れていた“技術を売る歌手”が目立たなくなったのはいつ頃からだろうか。

以前は誰もが認める歌唱力を誇っていたのにちょっと見ない間におかしな路線にシフトしていた・・・なんて歌手は珍しくない。

筆者は「バンド命DEATH!!」といった時代があったので、正直なところアイドルに埋もれてより商業的になった現在の音楽業界が好きになれない。

単純に歳をとっただけかもしれないが、以前ほど音楽を聴かなくなったし、興味も薄れていた。

しかし、心のどこかで「こいつ、やべえな・・・」と思えるバンドを求めていた。

この記事では筆者が、今となっては日本を代表する若手実力派バンド「ONE OK ROCK」と出会い、感銘を受けたときのどーでもいい話をここに記述しておく。

偶然YouTubeでチェックしたONE OK ROCKのライブがヤバかった・・・

筆者は学生時代、とにかくラウドロックばかりを聴きあさってはギターをかき鳴らしていた人間。

しかし、大学を卒業してからは仕事がメインになり、いつしか音楽を聴くこともギターを弾くこともなくなっていった。

ましてや相変わらず好むバンドは学生時代に崇拝していたバンドばかりで、いわゆる新世代のバンドやアーティストを毛嫌いして聴くのを避けていたわけだ。

 

特にそのなかでもっとも毛嫌いしていたバンドが「ONE OK ROCK」。

 

「チャラチャラして聴く気にもならん」
「どうせ敏腕のプロデューサーがついてるだけで中身なんてない」

このような勝手な自己判断で彼らの音源を聴くことなく毛嫌いしていたのだが、偶然にもYouTubeで好きなバンドのPVを視聴していた際、おすすめに「ONE OK ROCK」のライブ動画が紹介されていたので、「まー、一応見てみるか」と視聴

 

やられた・・・。
いるじゃないかスゲーの・・・。

 

そう、ONE OK ROCKのTAKAのとんでもない歌唱力にK.O.されたのである。

曲調としてはモダンなラウドロックといったところだが、TAKAの歌唱力は紛れもないホンモノ。

世の中には音源でこそ歌唱力が評価されるバンドやアーティストがあふれているものの、いざライブになると「え・・・?」と落胆せずにはいられないケースは珍しくない。しかし、ONE OK ROCKのTAKAは正真正銘のボーカリストだった。

 

 

基本的にライブはごまかせない。

楽器陣ならまだしもボーカルに至ってはオートチューンをかけたところで不自然さが必ず出てしまう。

しかし、TAKAの堂々たるライブは見事のひとこと。

おまけに英語の発音も見事で、かぎりなく洋楽バンドに近いという点も人気の理由なのかもしれない。

 

TAKAの歌唱力にやられてしまった筆者は、それからONE OK ROCKのライブ動画ばかりを聴き漁るようになり、無論もっとも意識して聴いていたのは彼の歌声である。

 

正直なところ、ONE OK ROCKの楽曲はそこまでそそらなかったが、TAKAのとんでもない歌唱力に魅了されてしまった。

 

 

実は元ジャニーズ…あの“NEWS”のメンバーだったことに驚愕

TAKAの歌唱力の虜になった筆者はそれからというもの無性に彼のルーツが知りたくなり、いろいろと過去を調べていた。

 

そんなTAKAの過去においてもっとも衝撃だったのは“元ジャニーズ”だということ。

 

現在はメンバーが抜け放題になってハッキリしないグループのNEWSだが、TAKAはそのメンバーだったというから驚きだ。

実際にNEWS当時の画像は残っている。

 

画像: TAKA(NEWS時代)

ne

この画像だと一番左がTAKA。
ちょっとわかりにくいと思うので別画像を。

ne

こちらも一番左。
幼さがあるがこちらでは明らかにTAKA本人だと確認できる。

ジャニーズ時代は“森内貴寛”として活動していた模様。

そのため、「森内貴寛」で検索をかけると今でもたくさんのジャニーズ時代の画像がヒットする。

と、ONE OK ROCKのTAKAが元ジャニーズという事実には驚愕したが、その時点でもっとも気になったことは「はたして当時から現在のような歌唱力があったのか?」。

いやあ、本当に現代って便利だよね。
Youtubeに当時のTAKAが歌っている貴重な映像がupされていた。

 

動画: NEWS時代のTAKA 歌唱力

 

この時点では正直なところ、今のような破壊力ある歌唱力の片鱗さえ見られない。

 

ということは、歌唱力がアップしたのはジャニーズ脱退後ということになる。

 

ジャニーズ脱退後はバンドを結成しボーカルを務めていたようで、その後にONE OK ROCKに加入する形となった模様。

その後も筆者はTAKAの歌唱力におけるルーツをさらに探っていった。

すると、またもや驚愕せずにはいられない事実が明らかになったのである。

 

なんと両親は森進一・昌子だった・・・

一体どこまで驚かせてくれるんだろうかw

随分前に森進一の息子がジャニーズに入ったという情報は聞いていた。

 

まさかその息子がONE OK ROCKのTAKAだったとは思いもしなかった。

 

そう、TAKAの両親は森進一・森昌子。

もはや説明不要。

あまり“サラブレッド”という言葉は使いたくないが、間違いなく歌唱力の高さは両親譲りである。

が、先述したようにTAKAはもともと歌唱力がズバ抜けていたわけではない。
あくまで“高いポテンシャルを秘めた存在”だったといえよう。

TAKAは歌唱力を高める“努力”をしたからこそ、海外からも賞賛される歌唱力を持ったのである。

 

そういった意味ではジャニーズ脱退という人生におけるイベントこそ、彼を成長(歌唱力の向上)させたのかもしれない。

 

“自覚”が歌唱力に磨きをかけた

ONE OK ROCKはいつしか武道館でライブを開催するまでに成長。
そのステージでTAKAは両親へ向けて感謝の気持ちを伝えた。

 

筆者が思うに、彼はこのあたりからミュージシャン、ボーカルとしての“自覚”が強くなったのではと感じている。

 

やや細かった声もライブを重ねるごとに太くなり、表現力が加わったことで誰もが認める歌唱力にレベルアップ。そして2013年に発売した6枚目のアルバム「人生×僕=」ではこんな意気込みを残している。

 

「ほかのバンドとの格の違いを見せつけたかった。
俺らが一番だって言い切ろうと思います、今年から。」

 

これはTAKAのなかに大きな“自信”が備わった証拠だろう。
今後の彼は一体どこまで成長するのか楽しみでならない。

個人的にはもっと大人になった彼らが作るバンドサウンド、楽曲が聴いてみたい。

どんなロックバンドも最初はフルスロットルで縦横無尽に駆け回るのが当たり前。

が、次第に大人の魅力が加わっていく。

これを“ヒヨった”と捉える人間もいるが、明らかな成長であり減退ではない。

 

久しぶりにバンドで熱くなった。汗

いい刺激を音楽からもらうと音楽をやりたくなるもの。

最近、長年放置していたギターと仲直りしましたw

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

    • 名無し
    • 2015年 6月 02日

    検索からたまたま通りすがった者ですが
    ワンオクに対するブログ主さんの発見の仕方やボーカルに対する感想など、あまりにも自分と重なってて読んでて面白かったです
    「そう言えば森の息子がジャニーズってのは聞いたことあったなあ」のくだりまで全部一緒w

    自分は何年か前にRe:makeって曲を最初にラジオで耳にしたのがきっかけですが、サウンド云々よりもまず日本人離れしたボーカルに驚いて、
    調べてみると森夫妻の息子で元ジャニーズでっていう驚愕の事実を知らされて。
    何が凄いって、俺みたいなロックバンドにもジャニーズにも興味がない三十路のおっさんに、親の名前や元ジャニの肩書きではなく純粋に歌唱力だけでその存在を気付かせたこと。
    普通はどうしたって後ろの余計な情報のほうが先に耳に入ってきますよね
    二世タレントのほぼ全員がそうであるように。

    バンドの魅力はボーカルだけじゃないけど、
    やっぱりボーカルってのは超重要なんだなあと思わされました
    通りすがりで長文失礼

    • 管理人
      • 管理人
      • 2015年 6月 02日

      名無しさん

      コメントありがとうございます。
      大分古い記事なんですが、共感してもらえたなら嬉しい限りです。
      (※最近はコメントするのを控えていますが、嬉しさのあまり書きます)

      歌で勝負できるボーカリストは相変わらず少ないので、
      肩書きがどうこうではなく、純粋に歌唱力でモノを言わせる人物がぽぽっと出てくると感動しますよね。

      ちょっと名無しさんとは感性が似てるのかなと思いました。
      非常に嬉しいコメントありがとうざいました。

      今後とも当サイトをよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

return top