黒木ひかりの“舞台降板“騒動~ジュニアアイドルの過去と告発~

美少女アイドル・黒木ひかりの舞台「セーラームーン」の降板理由は今もなお話題になるコアなゴシップネタのひとつだ。

黒木ひかりが舞台降板となった背景は、彼女自身が過去に“ジュニアアイドル”をしており、それを告発されたため。

確かに元ジュニアアイドルだったとは言え、そこまで過激な内容ではないことからネット上では「これで降板なの?」「降板なんてする必要ない」など、黒木ひかりを擁護するコメントが見られた。

しかし、彼女の舞台降板は撤回されることはなかったのである。

そこで今回は舞台を降板となった元ジュニアアイドル・黒木ひかりについてまとめた。

元ジュニアアイドル・黒木ひかりの「舞台降板騒動」をふりかえる

15歳美少女アイドルが“ジュニアアイドルの過去”を告発され舞台「セーラームーン」を突如降板(過去ソース

10月上演のミュージカル「美少女戦士セーラームーン」にセーラーマーキュリー(水野亜美)役で出演が決まっていた美少女アイドル女優の黒木ひかり(15)が突如降板を発表した。

原因については明らかにされていないが、別名義での過去の活動が「セーラームーン女優としては不適切だったからでは?」と取り沙汰されている。

アイドル誌のライターが言う。

「黒木はかつて『夏風ひかり』という芸名でジュニアアイドルとして活動。DVDなどをリリースしていますが、その内容は制服や体操着、水着などで胸元や股間を強調しきわどいポーズをとるなどかなり過激です。それを知った一部のセーラームーンのファンが、公式ツイッター宛てに彼女の過去を告発。役にふさわしくないのではと疑問を投げかけました。その後、降板が決定。タイミング的に、原因はこのDVDと見ていいでしょう」

さらに、この件を取材したというスポーツ紙記者はこう明かす。

「主催側は『タレント事情により降板の申し出があった』と説明、それ以上詳しい理由は一切答えてくれない。そこで黒木側に話を聞くと、どうも歯切れが悪い。このミュージカルは、まだ無名の域を出ない黒木の出世作となるかもしれないまたとないチャンスです。不本意ながら降板を受け入れるしかなかったのでは、と見ています」

黒木本人もツイッターで、「沢山のクレームがあったと聞いて、仲間や、セーラームーンのファンの皆様に迷惑をかけてはいけないと思い自分から降板しました」としており、形としては確かにタレント事情。

しかし主催側、タレント側双方にとって苦渋の決断だったようだ。

なんでも発掘され拡散されてしまうネット時代、タレントは過去との折り合いをどうつけるかも試されている。

画像:ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」5戦士
(左から)楓、黒木ひかり、野本ほたる、小林かれん、長谷川里桃

no title

画像: 舞台を降板となった黒木ひかり

no title

no title

no title

画像: 夏風ひかり (黒木ひかりのジュニアアイドル時代)

no title

ソース:Infoseek

 

Focus 1: 黒木ひかりが舞台を降板になった理由

 

no title

冒頭でも説明したが、美少女アイドル・黒木ひかりは舞台「セーラームーン」を降板した。

降板理由は黒木ひかりが過去にジュニアアイドルをしていたためで、クリーンなイメージのある舞台「セーラームーン」にそぐわないという結論だったと思われる(黒木ひかりの所属事務所も同様の解釈だったと思われる)。

ちなみに以下がTwitter上で確認できた、黒木ひかりが出演することが決定していた舞台「セーラームーン」への講義内容。

 

mana @mana1552
@sailormoon_20th @osabu8 お聞きしたいです。セラミュー新マーキュリー役の黒木ひかりさん@Hikarin0625 ですが、彼女が夏風ひかり名義で過激なジュニアアイドルをしていた事実を踏まえた上での起用なのでしょうか?

 

@sailormoon_20th @osabu8 完全に私の主観なのですが、グラビアアイドル、ジュニアアイドルの域を超え、まるでアダルトビデオのような印象を受けました。亜美ちゃんのイメージとかけ離れていて、勝手ながら大変ショックを受けました。

 

早い話がこのような抗議および過去を示すメッセージが、運営サイドや所属事務所に多く届き、結果として黒木ひかりが舞台を降板することになったのである。

では、黒木ひかりのジュニアアイドル時代はそれほどまでに過激だったのだろうか?


 

Focus 2: 降板理由となった黒木ひかりのジュニアアイドル時代の画像

 

結論から言うと、黒木ひかりのジュニアアイドル時代は過激でもなんでもない。

ジュニアアイドルならではのラインで活動していただけであって、AVのような過激さは伺えないのだが・・・。

なお、以下が黒木ひかりのジュニアアイドル時代の画像。

 

画像: 黒木ひかり ジュニアアイドル時代(夏風ひかり)

no title

no title

ごく普通のグラビアからなるイメージビデオなのだが、これだけで舞台を降板というのはさすがに酷。

ジュニアアイドルながらギリギリのラインで画像や動画などを出していたなら降板も頷けるが、黒木ひかりのジュニアアイドル時代の画像などを見る限り、特に過激と思えるような描写はないように感じた。

結局のところ、熱狂的なセーラームーンヲタの過剰な固定概念が黒木ひかりを舞台降板へと導いたのだろう・・・。


 

Focus 3: 舞台「セーラームーン」でピカイチの可愛さを誇っていた黒木ひかり

 

ジュニアアイドル時代は濃ゆいメイクをしていないこともあってさほどでないが、現状の黒木ひかりの容姿を絶賛する者は少なくない。

事実、舞台「セーラームーン」メンバーの中でピカイチの美貌を誇っていたのは黒木ひかりだ。

とはいえ、黒木ひかりはまだまだブレイクには程遠いこともあって、世間からの知名度はあまりにも低い。

仮に舞台「セーラームーン」の降板がなく、そのまま役を全うしたら、人気に火が着いた可能性もあっただろう。

ということで、最後に黒木ひかりの画像を。

 

画像:黒木ひかり

no title

no title

no title

no title

舞台「セーラームーン」の運営もヲタのいいなりになる必要などなかったはずだ。

そもそも黒木ひかりの舞台降板によって、元ジュニアアイドルがその後活躍できない風潮のようなものが形成されそうな気もするが・・・。

誰にだって隠したい過去のひとつやふたつはあるだろうに。
叩けばホコリがでない人間なんていないわけで。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

return top